高卒20代の人が転職を考えるとき、「もう失敗したくない!」と思いますよね。

僕も転職するときは「次の会社こそは長く働くぞ!」と、かなり慎重に転職活動をしました。

うっかりブラック企業に転職してしまったら、また転職回数が増えてしまうリスクがあります。

考える女性

僕は前職を8ヶ月で退職しているので、転職活動はかなり不利でした。

「1つの会社で3年は働け」と言われていたので、3年未満の転職はかなり不安でした。

でも、おかげさまで東京の企業に転職することができました。

 

実際に僕が体験した転職活動の教訓や、高卒20代の転職活動で調べたことをまとめてみました。

では、さっそく見ていきましょう!

ハローワークの注意点

ハローワークには要注意

ハロワーク

ハローワークを使った転職活動には注意しましょう。

ハローワークは国が運営している、職業を紹介してくれる相談窓口です。

 

行ったことがある人はわかると思いますが、ハローワークにはたくさんの求人情報があります。

失業保険の給付手続きなどもできるので、ハローワークはなくてはならない存在です。

 

ハローワークを使った転職活動のメリットデメリットをご紹介します。

ハローワークのメリット

  • たくさんの求人情報がある
  • 地元企業の求人情報が多い
  • ハローワークにしかない求人情報がある

ハローワークのデメリット

  • 虚偽の求人票を出している企業がある
  • 資金力のない企業の求人票も多い
  • ブラック企業の求人票もある
  • 虚偽の求人票があるため、ミスマッチがある

ハローワークの求人票はミスマッチも多い

ミスマッチ

ハローワークは別名「無料人材紹介」といいます。

「無料」の意味は、人材が欲しい企業がハローワークにお金を払うことなく人材を獲得できるという意味です。

 

企業が民間の求人サイトや求人誌に求人情報を掲載すれば、掲載料がかかってしまいます。

掲載する場所にもよりますが、企業は月額数万~数十万円の掲載料の支払いが必要です。

求人誌

また、企業が人材を募集するときに「転職エージェント」を使うこともあります。

転職エージェントとは、求職者と人材を募集している企業をマッチングするビジネスです。

 

ハローワークは「無料人材紹介」ですが、民間の転職エージェントは「有料人材紹介」といいます。

企業は、転職エージェントから紹介された人材を採用した場合は、人材紹介料を転職エージェントに支払わなければいけません。

 

※求職者、相談者は転職エージェントに相談してもすべて無料です。

ハローワークの求人票には虚偽の求人票もある?

人材を採用するのに、求人サイトや求人誌、転職エージェントにお金を払える資金力のある企業は良いですが、お金のない企業はハローワークを使います。

ハローワークは無料人材紹介ですから、人材を採用するのに費用がかかりません。

 

資金力が弱い企業は、当然求職者から人気がありません。

お金がないということは、当然給料は高くありませんし、残業代を支払わない会社もあるでしょう。

ボーナスもない会社も多いです。

虚偽

そうした企業がどうしても人材を獲得したい際に、ハローワークに提出する求人票に虚偽の求人情報を記載することがあるのです。

※もちろん、やっちゃダメなことですよ。

 

ハローワークで求人を探している人が、そうした虚偽の求人票にひっかかってしまい、ブラック企業に転職してしまうケースがあります。

2015年、ハローワークで求人票と労働条件が異なるケース(ミスマッチ案件)が3926件あったと厚生労働省が発表しています。

引用元:厚生労働省「平成27年度ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を公表します

 

これは実際に「求人票の内容が違う!」と声をあげた人数ですから、泣き寝入りした人を合わせるともっとたくさんいるということです。

※くれぐれも言っておきますが、ハローワークは悪くありません。

ハローワークのブラック企業の求人票

だまされる人

ハローワークは公的機関です。

営利目的ではありませんので、公平中立であることが求められます。

当然、求人票を出したい企業の申し出を断ることはできません。

断ったら不公平になってしまいます。

 

そのため、どうしてもブラック企業の求人票がある程度含まれています。

ハローワークを活用するのには、メリットデメリットがあることを知っておきましょう。

退職してから転職活動?働きながら転職活動?

面接

転職活動で悩むのが「現職を退職してから転職活動を始めるか?」「現職を続けながら転職活動をするか?」です。

念のため僕の場合をご紹介しておきます。

  1. 高卒で入社した運送会社を8ヶ月で退職
  2. 退職後に派遣会社に登録してアルバイト生活
  3. アルバイトをしながら転職活動をして、現在東京の企業に正社員で転職

 

実際に転職活動をしてみて思いましたが、現職を続けながら転職活動をする方が良いです。

 

転職活動って、いつ内定が出るか本当にわからないんですよ。

思ったより早く内定が出る場合もあれば、何ヶ月もかかる場合もあります。

 

退職してから転職活動を始めてしまうと、かなり焦ります。

だって、収入がないんですもん。

 

「〇月までに内定もらうぞ!」

「〇月からは働くぞ!」

と焦ってしまうと、どうしても会社選びがおろそかになります。

思ったよりも内定が出るのが遅くなると、かなり焦りますよ。

 

最悪のパターンは、焦りすぎて「もう内定が出ればどこでもいいや!」とあきらめてしまうことです。

すぐに内定が出る企業はブラック企業の確率が高いです。

残業

現職を続けながら転職活動をすれば、内定が長引いても問題はありません。

じっくりと会社選びをすることができます。

現職を続けながら転職活動をするデメリット

現職を続けながら転職活動をするのもデメリットはあります。

  • 企業の面接は平日昼間が多いので、平日昼間に時間を作らなければいけない
  • 仕事の合間に転職活動や企業研究をするため、ペースが遅い
  • 現職を退職できるタイミングを図らなければいけない

 

多くの企業の面接は平日の昼間です。

そのため、平日昼間の仕事をしている人は、面接の時間をとるのに苦労します。

有休休暇を使ったり、半休をとったりして、面接に行っている人が多いです。

有休

面接は急に入ることもあるため、スケジュールのやりくりには苦労します。

 

仕事をしながらの転職活動であることを応募企業に伝えておけば、融通が利く場合もあります。

応募企業に面接日を指定されたからといって、絶対その日時でなければいけないとは限りません。

思い切って、応募企業に日程調整をお願いすることも大切です。

転職エージェント選びに要注意

現職を続けながら転職活動をする人は、転職エージェントを使った方が楽です。

転職エージェントは、自分が仕事をしている間も自分に合いそうな企業を選んでくれます。

エージェント

また、転職エージェントによっては、土日に企業との面接を設定してくれるところもあります。

転職エージェントは有効に活用しましょう。

 

ただし、転職エージェントの多くは高卒の転職相談にはあまりのってくれません。

大卒者を企業に紹介した方が儲かるからです。

悪質な転職エージェントの中には、自分の儲けを優先して、ブラック企業も平気で紹介してくるところがあるので注意しましょう。

求人サイトや求人誌では企業の本当の姿はわからない

求人サイトや求人誌の中から企業を選ぶのはけっこう難しいです。

求人情報を見てもどんな会社かわかりませんし、会社のホームページを見ても良いことしか書いてありません。

求人誌

そもそも求人サイトや求人誌の求人情報は、正確には「求人広告」です。

求人サイトや求人誌を運営する企業に掲載料を払って、自社の求人情報を載せてもらっています。

そのため、悪いことが書いてあるはずがありません。

退職の方法

退職のタイミングはどうすればいい?

転職活動を始めるとき、まず最初にすることは何だと思いますか?

それは「今の会社の退職規定を調べておくこと」です。

退職の規定は就業規則に書いてあります。

 

会社ってすぐには辞められないと知っておいてくださいね。

退職規定を見てみると、

「退職の1ヶ月前に申し出ること」

「退職の3ヶ月前に申し出ること」

などと書かれています。

辞表

「今日辞めます!」といって、今日辞められるわけではないのです。

引継ぎや、代わりの人材を用意する時間が必要なため、退職までの期間が定められている企業が多いのです。

 

「退職を申し出れば、すぐに辞められる」と思いこんで転職活動を進めてしまうと悲劇が起こります。

 

転職先の採用担当者転職先の採用担当者

あなたを採用します。来月から来てください。

転職者転職者

わかりました!来月からよろしくお願いします!


 

今の会社にて…

転職者転職者

今月いっぱいで辞めさせていただきます。

上司上司

うちの退職規定では、退職の申し出から3ヶ月は辞められないよ。

転職者転職者

えぇ!?困ります!転職先には来月から行きますと言ってあるんです!

上司上司

そんなこと言われても知らないよ!辞めるなら3ヶ月前に言ってもらわないと!

 

…となってしまう可能性もあります。

 

苦労して獲得した内定はパーになってしまいます。

 

現職の会社を辞めるのに、何ヶ月かかるのかを事前に確認してから転職活動を始めましょう。

今の会社に引き留められたらどうしよう?

現在働いている会社がすんなり辞めさせてくれないこともあります。

いわゆる「引き留め」ってやつですね。

ひきとめ

そもそも、従業員が会社を辞めたい場合、従業員側と会社側、どっちが強いんでしょうか?

答えは従業員側です。

 

人材を採用する権利は会社側ですが、会社を辞める権利は従業員側にあります。

そのため、従業員が会社を辞めたいという申し出を、会社側は断ることができません。

※僕も知りませんでした。

 

ちゃんと、民法で定められていますよ。

引用元:WIKIBOOKS「民法第627条

民法の第627条の第一項には、

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」

と書かれています。

 

「当事者が雇用の期間を定めない」とは、無期雇用のこと、つまり「正社員」のことです。

従業員側は民法627条があるため、最短2週間で会社を辞めることができます。

 

ただし、一般的には会社の退職規定に従って辞める人が大半です。

退職の申し出からおおよそ1~3ヶ月で退職します。

もめる

理由は、民法627条は、モメるからです。

無理やり辞めるような感じですから、円満退社とはいかないでしょうね。

辞める相談ではなく、辞める報告

上司に退職の話をするときに、「辞めようと思っているのですが…」と相談のような雰囲気で話す人がいます。

引き留めたい会社としては、退職の相談をされれば当然「辞めない方がいいよ」とアドバイスしてきます。

論破されてしまい、退職のチャンスを失ってしまう人もいます。

やめます

退職の話をするときは相談スタイルではなく、報告スタイルにしましょう。

ようは、「やめます」という結論を報告するのです。

相談ではないので、「会社に残る」という選択肢はありません。

すごい人は、何を言われても「やめます」と貫き通して辞める人もいます。

 

「辞めようと思っているのですが…」という相談スタイルだと、「辞めない」という選択肢も残っているように聞こえるのです。

「やめます」という結論を報告しましょう。

辞めさせることはできない!と言われたら?

引き留めをする会社の中には「退職は認めん!」というところがあります。

だから、会社を辞められないと思っている人がいます。

怒られる

ですが、お伝えしたとおり、そんなことはないんです。

辞められますよ。

 

冷静に考えてみれば、従業員が「会社を辞めたい」といった場合、困るのは従業員側と会社側どっちでしょうか?

明らかに会社側ですよね。

 

つまり、「退職は認めん!」と言っている会社側の本音は、「いま辞められたらまずい!」と焦っているのです。

そもそも企業側に引き留める権利なんかないのです。

労働基準監督署

それでもダメなら労働基準監督署に相談しましょう。

退職届は出した方が無難

退職の話をするときは、言った言わないを防ぐために、退職届を出した方が良いでしょう。

書面に残すということが大切です。

退職

原則的には、会社側が退職届を受理した日が「退職の申し出日」です。

口頭だけだと、会社側は「聞いてない」などと言って、退職を受理しないこともできてしまいます。

 

退職届を提出して、証拠を残しましょう。

※それでも不安な人は、退職の話をしているところを録音しておくのも良いでしょう。

円満退職を目指しましょう

仲良し会社

当たり前ですが、基本的には円満退職を目指しましょうね。

退職時にモメるには、会社側も自分も気分が悪いです。

大きなストレスもかかります。

 

人として、お世話になった会社への恩義を忘れてはいけません。

 

会社の人間関係によっては、すんなりと辞められる人も多いです。

良い上司や同僚だと、転職を応援してくれる人たちもいます。

これは、今まで自分が会社の人たちとどのように関わってきたかが表れます。

送別会

送別会を開いてくれる会社もあるでしょう。

そうした元同僚たちとの人間関係は長く続くことになり、人生の財産になります。

 

退職した会社が、転職した会社と仕事になることもあります。

人生何があるかわかりませんので、円満退職ができるならそれが一番です。

どんな感じで退職の話をするの?

退職の話をするときは、会社の不平不満を言ってはいけません。

人間関係が悪くなりますし、退職後に人間関係が途切れてしまう要因になります。

 

「どうしてもやってみたい仕事があるんです」と伝えるのが一番です。

これは20代であるほど有効です。

 

人は、若い人を応援したいものです。

若者に「どうしてもやりたい仕事が見つかったんです!挑戦したいんです!」と言われたら、断りにくいものです。

円満退職のコツ

退職の話は必ず直属の上司にしてください。

間違っても、上司の上司にしてはいけません。

直属の上司は「自分を飛ばされた」ということを悪く思う人もいます。

上司と話す

また、直属の上司が忙しそうなときに退職の話を切り出すのもマナー違反です。

上司がどうしても忙しくて時間がとれなさそうであれば、「退職の話をするアポイント」を上司ととってください。

 

「ちょっとお話したいことがあります。お時間あるときお話したいと思っているのですが、お時間いただける日時を教えていただけますか?」

と聞いて、アポイントを取りましょう。

 

退職の話は必ず、時間をきちんととって、自分と上司のお互いが落ち着いて話せる環境で話しましょう。

上司が業務中にも関わらず「辞めたいのですが…」と急に切り出すと、流されてしまって退職のタイミングを逃すこともあります。

引継ぎはきちんとしましょう

引継ぎ

退職が決まったら、責任をもって引継ぎをしましょう。

引継ぎをきちんとするところまでが仕事です。

「どうせやめるんだし…」と、引継ぎをいい加減にしてはいけません。

 

後任者にきちんと引継ぎをすることが、円満退職のポイントです。

引継ぎをいい加減にしてしまうと、転職先にも引継ぎの電話がかかってきますよ。

そもそも、転職していいのか?

転職

そもそも転職していいのかも、慎重に判断しなければいけません。

よく「1つの会社は3年は続けた方がいい」と言いますよね。

 

正直、1つの会社は3年以上働いた方が転職には有利です。

 

転職活動のときには職務経歴書を面接する企業に提出します。

あまりにも短期間に転職を繰り返す人は、企業から見ると印象が悪いです。

「自分の会社もすぐ辞めるんじゃないか?」と思うからです。

転職にはデメリットもある

転職することが正解とは限りません。

転職することで前の会社の良さがわかったり、前職より条件が悪くなる人もいます。

後悔

「前の会社の方が良かった…」「転職しなければよかった…」と後悔する人もいます。

転職にはメリットデメリットがあります。

親に転職を反対される

親の反対

「転職を親に反対されている」という人も多いでしょう。

そもそも、すでに20歳を超えていれば成人ですから、自分の人生をどうしようと勝手です。

ただし、責任は自分でとらなければいけません。

 

代表的な親の反対意見は「そんなにすぐ会社を辞めたら、どこにいってもやっていけないぞ!」です。

日本には170万社もの会社(法人)が存在しています。

本当に「どこにいってもやっていけないか」は、170万社で働いてみないとわかりません。

※もちろん無理ですが。

 

親の時代と現代の違いもあります。

親の時代は「すぐに仕事を辞める」なんて、とんでもないことです。

親の世代にもよりますが、今よりも仕事に就きにくかったことは間違いありません。

 

現代は空前の人手不足です。

そのため、求職者よりも、人材を確保できない企業の方が困っていると言えるでしょう。

 

だからといって、コロコロと会社を変えてしまうと、さすがにどこも雇ってくれません。

 

親は心配して言ってくれているケースもあります。

「そんなにすぐ会社を辞めたら、どこにいってもやっていけないぞ!」というのは、子供の将来を心配していることもあります。

ニート

もしくは「仕事辞めて、親に食わせてもらうつもりじゃないだろうな?」と、ニートになる心配をしていることもあります。

どうしても今の会社で3年続けられない

退職

「1つの会社は3年は続けた方がいい」と言っても、どうしても3年も続けられない人もいます。

体を壊したり、うつ病になるよりはマシですので、退職を検討しましょう。

 

僕も、最初に勤めた運送会社を8ヶ月で退職していますから、この気持ちはよくわかります。

大切なのは転職を繰り返さないこと

短期間で会社を辞めてしまった人がもっとも気を付けなければいけないは「転職を繰り返すこと」です。

短期間で退職を繰り返してしまうと、辞め癖がつきます。

ダメ人間

本当に「どこにいってもやっていけない人」になってしまうので、注意が必要です。

転職する際は「次の会社こそは長く続けるぞ!」という覚悟が必要です。

転職は企業研究が大切

転職するときは、企業研究をすることがとても大切です。

転職先候補の企業の情報を収集しましょう。

  • 事業内容
  • 何年続いている会社なのか?
  • 資本金(資本金が300万円を下回る企業は不安)
  • 従業員数
  • 募集職種
  • 仕事内容
  • 給料
  • 休日
  • 有給所得率
  • 離職率
  • 残業の有無
  • 転勤の有無
  • 福利厚生
  • ボーナスの有無

就業規則

給与面や離職率など、面接のときに聞きにくいことは、内定が出てから聞きましょう。

内定が出てから内定承諾までは時間があります。

求職者には聞く権利がありますし、こうしたことにきちんと答えられる企業であることが大切です。

高卒専門の転職エージェントがねらい目

相談

「企業情報を集めるのが大切」と言っても、正直大変ですよね。

実は僕も「企業情報を調べるぞ!」と思って、企業のホームページや求人情報を見たのですが、うまく情報を集められませんでした。

僕は今の会社に転職するのに転職エージェントを使いました。

 

ただ、この転職エージェントは選び方があるなと思いました。

みんなが知っているような大手の転職エージェントに登録してみたのですが、転職活動はうまくいきませんでした。

そもそも転職エージェントさんに会ってすらもらえませんでした。

 

たぶん、自分の最終学歴が高卒だからだと思います。

大手の転職エージェントさんはハイクラスな転職を好むので、僕のような高卒は相手にしてもらえませんでした。

 

ネットで転職エージェントを探していたら、高卒専門の転職エージェントを見つけたので、登録してみました。

ちゃんと会って相談できましたし、紹介してくれた企業の情報も細かく教えてくれました。

 

結果、無事に希望の企業を紹介してもらって、転職に成功しました。

企業が求める人材になろうとする努力が必要

内定

転職に成功するためにもっとも重要なのは、自分が企業から欲しがられる人材になることです。

企業に欲しがられる人材であれば、多少転職回数が多くても採用されます。

 

企業が欲しがる人材の特徴をご紹介しておきます。

  • 営業力がある人
  • 技術力がある人
  • 企業が求めている資格を持っている人

 

これらは「高卒20代におすすめの転職先6選」でご紹介した仕事が含まれます。

自分の適職を知りたい

高卒20代の転職の注意点を紹介してきましたが、「どの仕事が自分に合うかわからない」という人もいるでしょう。

「自分の適職を知りたい」人は、無料で適職診断をしてくれる相談窓口を活用しましょう。

 

全国転職相談センターという相談窓口があります。

ボランティアで転職相談や適職相談にのっている相談窓口です。

 

無料で適職診断もしてくれるので、自分に合う職業がわかります。

「自分に合う仕事を知りたい!」という人は活用してみると良いでしょう。

※僕もここに相談しました。

まとめ

てへぺろ2

いかがでしたか?

「高卒20代の転職の注意点」をご紹介してきました。

 

転職は人生を大きく変えるチャンスであり、リスクでもあります。

慎重に検討しましょう。

 

焦りは禁物です。

 

転職に慣れている人はいません。

※慣れたらダメです。

すぐに結果を求めすぎないことも大切です。

 

転職を考えるときは、人生設計を考えるときでもあります。

「自分はどういう人生を歩みたいのか?」を真剣に考えるチャンスです。

 

自分の理想とする人生を叶えるための手段の1つが「仕事」ではないでしょうか?

あなたはどんな人生を歩みたいですか?